エントリー

1年が飛ぶように過ぎていっちゃいますねー・・・

今年も
お客様が虹の橋に行ってしまう悲しいお別れがありました
いつまでもお手入れさせてもらえるわけではないことはよーくわかっているんですが
やっぱりあのくりくりおめめだったり、ぷにぷにの足の裏にもう会えないんだなあと思うといくらでも涙が出てきてしまい
仕事上何度もそういう経験をしますが、慣れることはないんですね・・・

わんこは、目に見える症状が出てきたときにはだいぶ病気が進行してしまっていることもあり
症状から本当の原因にたどり着くまで時間がかかったりで
「しゃべってくれたらいいのに・・・・せめてどこが一番痛いとか受信できたらいいのに・・・・」
と、何度思ったことか


前庭部疾患で、平衡感覚がうまくはたらかなくなったお客様もいらして
まっすぐ立っているのに世界が斜めになっていて、ずっと車酔いしているような状態
少しずつおさまっていいくようなのですが、やっと立ち上がれるようになるとまた発作のように症状がぶりかえしてしまったり
でも、毛も爪ものびますし、トイレも思うようにできないのでお尻まわりも汚れやすくなります
もう19歳という高齢なこともあり、病気になる前からもおうちから離れると不安なのかずっと鳴いている様子がみられましたので
通院以外おうちから離れることはさせないほうがよいと飼い主さんと相談して、出張でお手入れさせていただきました

とにかく時間をかけないために、今日は体だけ 今日は足だけ 今日は体の清拭 と、部分部分で作業していきました

もちろん、仕上がりはもうざくざくです
床ずれもしやすくなるのでそういう部分は皮膚が観察しやすいようにしたり、おむつの中になる部分は特に短くしたり
作業しながら飼い主さんに
「この子が亡くなったら、お棺に入れる前にも手入れしてもらえますか?」
と尋ねられて
もちろんですとお答えしたものの、そんな日が来なければいいなと思っていました


その子は最後まで親孝行で、飼い主さんと横になりながら眠ったまま旅立っていったそうです
亡くなったという連絡をいただいて、うちのトリミング室にもお別れしてもらっていいですかと伺ったところ快く許していただきました
犬が苦手なコだったので、お迎え待ちのコが少し元気にわんわんすると本当に嫌そうな顔をしたり
トリミング中に電話が入ったので抱っこしながら応対していると、まるで「いつまでほっとく気よ!!」といわんばかりに ぎゅるるるると面白い声を出したり
こうやってブラシをかけてたらまたぱっちり目をあけてくれるんじゃないかとか
いろんなことを思い出したり考えたりしながら本当に最後のお手入れをして
おうちに送っていって、きれいなお花でいっぱいのお棺に寝かせると、本当に撮影のためにちょっと目をつむっているだけのように見えました

18年間グルーミングさせていただいていましたが、様子の変化や病気の履歴など飼い主さんからもその都度教えていただけたこともあり、最後までお手入れできたのはそういう積み重ねがあったからかなあと本当にありがたく思っています

これからもなるべくわんこに負担をかけないお手入れ、勉強していかないといけないですね

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)


わんこのおていれについて

calendar

042019/0506
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

archive